台湾の風俗でスクールアイドルに筆下ろしされた話

f:id:halo_lo:20190227041142p:image

 

 これは凍結されてしまった@_GJ____のお話をブログ用に再編集したものであり、@_GJ___とはなんの関係もありません。

 

 


小中学校の友人3人で行った台湾旅行1日目の夜、スーパーグローバル大学に通う僕は意識が高いので、意識が高いことを考えていた。

「海外の風俗気になるわね」

風俗なんてやっすいピンサロに1回しか行ったことがない僕ですが、ちなみにこれ↓はその時のレポートです。

halo-lo.hatenablog.com

 

まぁせっかくの海外。思い出作りに行ってみることにした。

 

ちょっくら調べてみるとどうやら台湾には日本語を喋れる嬢が多く、日本より安く良質なサービスが受けられるらしい。
そして、どのレビューサイトにも載っているかなり有名なマッサージ(意味深)付きサウナがなんと宿泊しているホテルの徒歩5分圏内にあったのだ。

出会いは運命!ボーイミーツFUZOKU!

即断即決。明日は風俗へレッツイゴー!

f:id:halo_lo:20190503142627j:plain

 

 

2日目の夜。

「どうしてお前の童貞卒業に付き合わなきゃならんのだ」と傷つく暴言を吐き散らかす友人をなだめ、というか僕が童貞だなんて言った覚えはないのだが、「少し払うから」ととある人物から貰った旅行の餞別金をチラつかせついに参上半年ぶりの風俗。みんなは人の好意で貰った餞別で友人に風俗を奢るような悪い大人になってはいけないよ。

 

 初風俗が海外なんていい思い出になるよwなんて茶化しながら緊張で震えてえる足を運んでお目当てのサウナへ。ネオン煌めくビルを見つけ「あそこだ。」とこれから対面するナオンに心を躍らせる。

f:id:halo_lo:20190823211332j:plain

ポ〇モンのシルフカンパニーのような外観でワクワクしました

受付を済ませてまずはお風呂へ。浴場はクソデカく、サウナは2種類ありマッサージ(普通)コーナーもある。さらに通常の銭湯にあるトイレタリー用品はもちろん、髭剃りに歯ブラシ、化粧水乳液その他もろもろが無料で使えた。タオルだって何枚も使える。素直に感動した。設備良すぎん?

 

 客層はおじさんが多く、各々身体を清めていた。にしてもみんなチンコ皮被ってて小さい、ウケる。いや仮性包茎の僕が言えたことではない。

 

風呂を満喫し休憩室へ行く。どうやら待っているとババァに声をかけられるらしい。

休憩室ではお茶が飲み放題で雑誌やボードゲームで暇が潰せる上、別室の薄暗いシアタールームでは無音でNTRモノのAVが流れており興奮を高めることができた。嘘。友人と一緒に無音AV見ても面白いだけ。シュールすぎるだろ笑わせるな。

 

f:id:halo_lo:20190823213041j:plain

薄暗い空間に無音で流れるNTRモノのAV、見ている人はほとんどいませんでした。

 

普通に耐えられないので二人で駄弁りながら45分ほど待っていると「マッサージ、どう?」とババァに声をかけられる。

 

この瞬間を待っていた——————。

へいろう、参る。

 

 

ババァに個室へブチ込まれ待っているように言われる。薄暗く、シャワーとベッドしかないヤリ部屋という感じ。

見知らぬ地で1人取り残された僕は今にも逃げ出したかった。

これは事前に調べていたのだが、どうやら何回でも嬢のチェンジをしていいらしい。

 

心の中では「チェンジ!!!!!」と叫ぶ準備をしていた。

 

 

緊張で口が渇く。そこそこ待つらしいのでうがいをして喉を潤して(台湾の水道水はとても不味くて飲めません)いると、、コンコン、ガチャ。おそろしく速い入室。オレは見逃した。

ていうかうがいをしている間に入ってくるなんて卑怯じゃん?

心の中で叫んだチェンジ!!!!!は泡となって消えてしまった。

 薄暗い部屋の中、やっと嬢を認識する。

 

 

 

 

 

 


嬢は少しふとましかった。

 

 

 

嬢が入室、もとい土俵入りしたところで選手紹介を始めよう。

黒のレースから見える谷間は確実に大きいが、垂れている。

くびれのないお腹。

白く細い美脚を武器にする台湾女性とはかけ離れた像の脚。

 


その姿はまるで、かつて世界中を賑わせたスクールアイドルでお馴染みの……

 

 

 

 

 

 

『ウチとシようや』SSR 東條

 

 

 

 

髪はボブになっていたのできっと身バレしないようイメチェンしたのだろう。

でもついにバレてしまったね。

μ's解散の後、東條は台湾で風俗嬢をしていたのである。

 


僕は精液を発射する前に文春砲を発射した。

 

 

 

似非関西弁…ではなくカタコトで東條は語りかける。

「マッサージ、ハジメテイイ?」

「お願いします」

 


日本語ッッッしゃ!日本語が喋れるならこっちのもんだ(強気)

勝利を確信した。

 

 

僕は全裸になりうつ伏せになる。東條はマッサージを始めるが、あまり気持ちよくない。

 
そんなことより東條、普段の饒舌はどうした。黙ってばっかりじゃないか。ウチも入れて9人やって言えよ。

 
無言は嫌なので、TOIEC300点台の僕はできる限りの英語力を振り絞り話しかける。

「日本語、お上手ですね」

 

「ソンナコトナイヨ。ワタシ、ニホンゴヘタ」

 
こいつめちゃくちゃ日本語上手いぞ。

「いいえ、すごく上手。僕は不安だった」

「…アリガトウ。ニホンゴ、ベンキョウチュウ」

「どのくらい勉強してるの?」

「…?ンゥー……ウフフ」

 
良かった、上手くコミュニケーションは取れているみたいだ。

 

マッサージは続きながら話が弾む。日本には3度来たことがあり、広島、大阪、奈良に行ったそうだ。鹿が可愛いかったことや、東京で友達が働いていることなど20分くらい雑談していただろうか。

良い雰囲気というものはえてして突然に壊れるものだ。

「チョト、マッテテネ」

 

 唐突なシリアス。

 

部屋を出て行く東條。何を持って来るのかと思えば、その手にはスマートフォンが握られていた。嫌な予感がする。そして、スマホを、起動——————————

 


おいバカッ、やめろ……ッッッ!そんなことしたら顔が見えちゃうだろ……ッ!

 
電源を点けたその刹那、僕は枕に顔を埋め一瞬目に映った都合の悪い記憶を消去した。

 

 

なんだか部屋に僕と東條以外の第3人目がいる気がしたが気のせいだろう。

東條はいつのまにか持ってきたスマホの翻訳機能でより高度な雑談を図ってくる。

 
翻訳機能のおかげで話はより弾み、マッサージがひと段落したところで東條は語りかけた。

「スペシャルマッサージ、ダイジョブ?」

 

「んー…まだ。足つぼ、大丈夫?」

馬鹿野郎。僕はそんなに軽い漢ではない。

 
侮られてもらっては困るのだ。そんなに早くスペシャルなマッサージを始めたら早漏の僕は瞬く間に射精してしまう。

○○式れんあい塾には「さっとさっとイかないで」という歌詞もあるのだ。

 

 僕がスペシャルマッサージを断ってしまったので次は足つぼマッサージが始まるが、やはり気持ちよくない。

さらに東條が足の方へ行ってしまったので距離が離れてお互い無言になり静寂が訪れてしまった。

 

無言の中、僕は悩んでいた。

(年齢を聞いてもいいのだろうか…)

女性に年齢を聞くのは失礼だ。いや文化が違うから平気なのでは?

天使と悪魔が耳元で囁き、東條は足を揉む。

勇気はどこに?君の胸に!

旅は恥の掻き捨てである。聞かないと男が廃るというものだ。

「何歳?」僕はフランクにこう言った。

 

 

 

———この問いが悲劇の始まりになるとは、この時の僕には知る由もなかった———

 

 

 

 

     「サンジュウイチ」

 

 

 一瞬時間が凍りついた。

 

時が動き出し、
のんたんの言葉の重さで僕の顔はペチャンコに歪んでしまった。

 

「……さんじゅういち?」聞き間違いの可能せ「サンジュウイチ」「oh…」

なんとこの東條、31歳である。僕より一回りも年上なんだが・・・。


放心する僕に東條は畳み掛ける。

「ナンサイ?」

 

「山菜」

などと冗談を言っている場合ではなかった。

僕は20歳。これから11歳差の少し太ましい台湾人とセックスをするのだ。

 
「トゥ、トゥエンティー…」

「トゥエンティ⁉︎オトウト‼︎」

は?

弟???

 

突然興奮しだす東條。

 

僕は勝手に見知らぬ外国人の弟にされてしまった。

 

そして。

 
地獄のおねショタの幕開けである——————————。 

 

 

「オトウト‼︎ゲラゲラゲラwww」

爆笑しだす東條。突然のテンションに驚き弱ったミッ○ーのように「ハハッ…」と苦笑いする僕。

 


「アナタオトウト!ワタシアネ!」

(おいおいマジでおねショタやるのか……)「お姉ちゃん!」

郷に入れば郷に従え。台湾にはおねショタの文化があるのだろう。適応力の高さを発揮しすぐさまおねショタモードに切り替えた

 

東條は興奮しながら翻訳機に魔女の言葉を放つ「mtgwx@」

翻訳機くん「あなたは学生でなければいけない」

僕(いや学生だよ…)

きっと学生ですか?とか聞こうとしたのだろう。

大学生であり今は夏休みだということを伝えると、東條はよりテンションを高く上げてこう言った。

 
「子ドモ‼︎(尻ペチーン‼︎)」

 

 

まるで子供を叱る母親のように僕の尻を引っ叩く東條。

明らかにこれはマッサージではない。混乱する僕を尻目に

「子ドモ‼︎(ペチーン‼︎)」「子ドモ‼︎(ペチーン‼︎)」「子ドモ‼︎(ペチーン‼︎)」


爆笑しながらめちゃくちゃ尻を叩いてくる。

もうおねショタを超えて親子シチュだった。

 

その後翻訳機を介し雑談を続けるも事あるごとに

「子ドモ‼︎(ペチーン‼︎)」と尻を叩いてくる


僕も負けじと「アハハ!オネエチャン!」「僕子ども、オカアサン!ギャハハ!」などと狂ったように笑う。

まるで幸せな親子の休日のように互いの笑い声が部屋中に響き渡っていた。

 

 

狂人のコミュニケーションもそこそこに、改めて

「スペシャルマッサージ、ダイジョブ?」と問う東條。

もう疲れたよパトラッシュ…。このまま昇天してもいいかな……。「ハイ」

 

 
いよいよスペシャルマッサージが始まる。

まだ始まってもいないのに帰りたいくらい濃い時間だった。

 

 

 

東條が黒い下着を脱ぐとその乳輪が露わになる。

やはり紛れもなくこの乳輪は東條の乳だ。

 
うつ伏せの僕の上に乗り、東條ののしかかり攻撃ッ…!

ではなく、その乳袋で僕の背中を撫で始めた

うーん確かに柔らかいのだが、未だに「子ドモ!」と叫ぶ東條の言葉は柔らかくない。

もう親子プレイは十分だ。

 

5分以上その行為を続けるので流石に飽きてきた。

身体でも触ってみるかとうつ伏せのまま後ろに手を伸ばすと、もじゃもじゃ……オヤ、これは…?

 
しかし陰毛大好きへいろうさんのスキスキセンサーが反応しない。

じゃあこの毛はなんだ?

女体はこんな場所に毛は生えていないはず……。

 

 

そこは脇だった。

 


え…?脇に毛……?

 


困惑する僕の前に、脇川クリステルが現れこう言った。

 
お も て な し

 

いやこれは、


そ り の こ し

 

 

もうチンチンシナシナ信濃川どころの騒ぎではない。

信濃川は枯れ、僕の涙は出なかった。

 
帰りたかったが僕の上に乗る東條はそれを許さない。

 
さらに畳み掛けるように

私の脇毛を触ったな?と仕返しするように僕のケツ毛を弄り始めた。

 

ただくすぐったいだけのケツ毛弄りに笑う僕。

「くすぐったい やめてwww」と言う僕に

「クスグッタクナイ、子ドモ、カワイイ」くすぐったいって日本語が分かるのにやめては分からないのか……。

執拗にケツ毛を攻めてくる東條。

僕は確信した。

台湾人はケツ毛が性感帯なんだろう。

 

もう嫌だ。

どうして僕は異国の地で初対面の女にケツ毛を弄られているのか。

もうこの地獄を終わらせてくれ……帰りたいよお母さん……。 

 

 

「アオムケニナッテ」ようやくケツ毛弄りが終わった。

僕はズルムケではないが仰向けにはなれる。

仰向けになってチンコマッサージをされると枯れ果てた信濃川に大量の血液が流れ始めクララもビックリの速度でチンコが勃った。

 
勃ったチンコに東條はコンドームを被せ、自分の口で二重梱包する。

精子の出荷準備が始まった。

 


そして僕はいつまでもふざけ続けている東條の本気を垣間見ることになる。

 

 

東條はフェラがめちゃくちゃ上手かった。

絶妙に歯をカリ首に当て刺激し、舌を使って全体を包み舐めるのだ。

 


僕はフェラの大変さを知っている。

しかし31歳の歴戦の猛者は大変さを微塵も感じさせない。

とてつもないフェラの技術に早くも逝きそうだった。

 

 

このままじゃ終われない!

休憩がてら起き上がってデカい胸をわしわししに行くと

「ヨコニナッテ」と促される。

ふむ、横になりながら授乳というのも悪くない。

素直に横になると、東條は体を密着させ西木野○姫もビックリの棒読みで「アン」と唸りを上げた。

 

東條「アンアン」

僕(こいつなんで喘いでんだ…🤔)

 

少し乳首を弄っているだけなのに過剰に喘ぐ東條。
何かがおかしい。よく見るとこいつ地味に腰を上下に動かしている。

 


え、ちょ待てよ。

 


これ、もしかして"挿入ってる!?"

 

 

 

僕は東條に伝えていなかったことが一つだけあった。

待っている間、「チェンジ!」ともう一つ練習していた文章があった。

 


「I'm a cherry boy」


私は童貞である。

 


「子ドモ!(ペシーン!)」と尻を引っ叩く東條にこんなことを伝えたらどうなるか?

一目瞭然、おねショタを超えたより酷い"最早プレイではない何か"が始まっていただろう。想像するだけでおぞましい。

もしかしたらお説教すら始まっていた雰囲気だったのだ。

「私は童貞です」なんて言えるわけがなかった。

 

東條は僕の初めてを食ったとはつゆ知らず棒読みで喘ぎ続けている。

もう僕は放心状態で心が死んでいた。

だが僕の早漏チンコはそれを許さない。

既に僕の陰茎が射精の準備に入っていることに気づき目が覚めた。

 

よく気づかせてた!まだまだ終われない!

僕は必死に我慢して収まるのを待った。

 


そして僕は射精した。

 

 

 

驚くほど気持ちよくない射精に、本当に射精したのか分からなかった。

しかしみるみるとチンチンは信濃川になっていく。

(もう一度勃ってくれ…!これで終わりなんて絶対に嫌だ…!)


奇跡も魔法もない。白いものを吐き出したソウルジェムは真っ黒になっていた。

 

 

シナシナのチンポでピストンを続けるも僕のチンポはクララになっていた。

 
「イッチャッタ?」

「……」


僕は「はい」の言葉すら失っていた。クララに日本語は分からないのだ。

 

無言でチンポを抜くと、魂の抜けた僕のmy son……。

もう生き返らないかもしれない僕のmy sonを優しい母の手が包む。

 
(お掃除フェラかな…優しいな…)

と親子愛に感動したその刹那、母はコンドームを勢いよく引き抜いた。

 

僕の感動を引き裂く恐ろしく早い手刀。

僕のチンポは空気に晒されひとツユの苦い涙を流した。

 


哀愁漂う空気を無視して東條はジョークを放つ。

 


「アハハ!子ドモタクサン!」

 

 

マジでどんな表情したか覚えてない。

 

文化の違い?そこは冗談を言う場面じゃないよね。

もう傷だらけの心に言葉の塩を塗りたくられ完全にメンタルが崩壊した。

 


「マッサージツヅケル」

 
え⁉︎2回戦やんの⁉︎

地獄の下には何があるんだろう。

見たことのない景色を見せてくれるようだ。

 
すると、東條は僕の脚を力強く揉み始める。

 

最初の気持ち良くないマッサージは誰がやっていたのやら。

力強いプロのマッサージはめちゃくちゃ気持ちよかった。しかも喋らないし。


1回戦で僕を地獄へ叩き落とした東條は2回戦目で天国へと引き上げてくれたのだ。

 
落として上げるのは恋愛の常識。

○○式れんあい塾、再び開講である。

 

しかしその貴重な講座を、賢者モードの僕は聞けなかった。

本当にただただ無心。しかし何かを考えないと闇の底から這い上がることができなくなりそうな矛盾。

 
講義を無視して「風俗レポどうすっかなぁ…」と考える時間が続いた。

 

 

どのくらい時間が経ったのだろうか。

いやたった15分程度だが、体に感じるマッサージの心地よさと心の中のわだかまりは僕の体感時間を引き延ばすのに十分だった。

 

「タッテ」

え・・・!さらにもう一回戦・・・⁉

と思いきや終了の合図だったらしい。終わったのだ。やっと…終わったんだ……。

 

ドアを開けると一緒に来た友人が待っていた。

目が合った瞬間、2人一緒に苦笑いがこみ上げる。

暗い廊下に僕たちの笑みは輝いていた。

 

エレベーターで嬢と別れ、ドアが閉まるとともに安堵のため息が漏れる。

そして「いや~楽しかった~」と僕は笑い出した。

確かに辛かった。嬢の輪郭を見た時も、年齢を聞いた時も、我慢できず速攻で射精してしまった時も、僕の子供たちを弄ばれた時も……。

でも楽しかったのだ。異国の地で異形に身体も心も弄ばれる経験なんて一生モノの思い出じゃないか。これは決してやせ我慢ではない。

友人「眠れねー酒でも買って語り合おうぜ」

ぼく「さっきも飲んだけど台湾ビールまた買うわ」

 

そうして台湾の闇夜に消えていく僕ら。

かけがえのない経験をしたその背中は一回り大きくなっていただろう。

一皮剥けた僕はまずこう思った。

 

 

 

「もう二度と風俗なんて行かない!!!!!」

 

 

 

 

 

以上で第2回へいろう風俗レポはおしまいです。ご拝読ありがとうございました。

ちゃんと3回目も行ったので近々書きます。

それでは。

 

劇場版 ハイスクール・フリートを観に行きました

今日は誕生日だったのでマジでヤバイ卒論を海に放り捨ててはいふりを観に行きました。その感想です。

 

 

4年前、ハイスクール・フリートことはいふりのアニメが放送されました。作画が結構好みだったので期待していたのですが、蓋を開けてみれば日常回とシリアスパートがごっちゃごちゃでネズミやらウイルスやらがなんとかかんとか…よく分からないまま終わってしまいました。なんだか無茶な展開ばっかりだ……。

はいふりといえば1話から急にタイトルが「ハイスクール・フリート」になったせいで録画失敗したなんていう面白い事件もありましたね。日常モノかと思いきやラストにシリアスを持ってくる奇を狙った作戦だったらしい。結局1話だけじゃなく毎回中盤まで日常パートみたいなんやってラストにシリアス持ってくるワンパターンだった気もするけど…。結局、はいふりだったんですよね。

 

ただ僕はいわゆるクソアニメが好きなので、その側面から結構この作品を楽しんでいました。大好きなのは第10話の赤道祭。放送直後に航海科の『後悔ラップ』を書き起こし、2ちゃんねるに書き込んだことを覚えています。当時はねらーだったらしい(へいろうの秘密)

 

放送後もはいふりの記憶は遺り、アニメ中に「後悔」の単語が表れる度後悔ラップを思い出す始末。実況していれば後悔ラップをコピペして貼り付ける。どこかへ出かけたときははいふりカメラを起動し写真を撮る。他のメディアミックスには興味も示さずはいふりをネタとして遊ぶこと約4年……ついにはいふりの劇場版が公開されました。感想を一言で言えば、「やっとハイスクール・フリートを観ることができた」という感じです。

 

今回の映画は副長の宗谷ましろが人生の分岐点に立ち、事件に巻き込まれる中で進むべき航路-みらい-を見つけていく話でしたね。

その事件というのは海賊に海上要塞をジャックされ最悪東京が火の海になるというそれもうお前戦争じゃんみたいなとんでもない内容だったのですが、この映画は宗谷ましろの航路を探す旅。そして宗谷ましろと岬明乃2人の物語に完結していて、あくまで事件は航路の途中でしかなく、犯人の海賊たちがどうなったかなど一切描かれない……キーパーソンとなったあの幼女(しろちゃんと艦長の関係が美しすぎた衝撃で名前忘れました)の行く先や父親の行方など全く描かず、宗谷ましろが結論を導いて幕を引いた。だからこそ2人の関係が強調されて美しい。

 

ハイスクール、いこーる高校。高校生なんです彼女たちは。

海賊やら後処理は全部大人に任せて、宗谷ましろという一人の高校生の航路を決める物語を魅せることに終始したのが本当に良かったです。

夢や希望、将来に悩み、誰かの背中に光を見つけ追いかける。未来なんて見えないまま、その先にあるものを信じて進む。事件なんて青春の1ページに過ぎないんですよ。大事なのはその事件を経て何を得たのか。今回しろちゃんは未来に艦長になるため明乃と一緒に晴風で艦長としての彼女を学ぶという結論を出しました。語られてはいませんでしたが、そこには彼女と一緒に仲間-かぞく-を守っていきたい意思もあったでしょう。艦長(パパ)と副長(ママ)として。岬明乃を支えたい気持ちもあったはず。

 

 

はいふりらしい無茶な展開に懐かしさを感じつつ、ハイスクール・フリートのSpritsを魅せてくれた映画に本当に感謝です。関係性のオタクは大歓喜という感想でした。

 

 バルト9で観たんですけど、帰るときこれあって絶叫した。

f:id:halo_lo:20200123000245j:image

『守るべき艦(いえ)、進むべき航路(みらい)』素晴らしすぎないか?

 

 

劇場で聴いたFree Turn、跳びポが楽しすぎたのでそのままスマホで音源買っちゃおうとしたのですが、アニメ版のジャケット絵で鼻血出してアニメイト行って無かったからゲーマーズ行って買った。額縁に入れて飾りたいほど美しい。表情たまらん。一生ニヤニヤしてる。ホンマに。この2人の関係と行く末を見守りたい。将来、宗谷ましろが艦長になるときの岬明乃…………………………………………………

f:id:halo_lo:20200123000234j:image

 

 

今回はここで終わりです。設定もアニメの内容もほとんど覚えていないまま書いてしまったので、次回はアニメ見直してもう一回観に行って追記したいななんて思ってます。

 

ハイスクール・フリート、全員観に行きなさい(天皇)

2019秋アニメ

今回は2010年代の最後を飾った2019年秋アニメのお話です。簡潔に感想など語っていきたいと思います。ところで卒論より字数多いけど大丈夫?

 

 

ちなみに今期見た作品はこれ。転スラの再放送だけ見なくなってしまいました。

 

f:id:halo_lo:20191229175817p:plain

(そのクールの東京MX地域向け番組表は僕の固定ツイートに貼ってあるのでみんなもリアタイしよう)

 

日曜

 ライフル・イズ・ビューティフル

 今期のきらら枠。嘘です。最初の作品から嘘をつくな。

OPできららジャンプしてるし第3話くらいまでマジできらら枠かと勘違いしてました(照)

僕はそもそも部活モノが好きなのですが、動きのないビームライフルという競技をアニメに落とし込むにあたりどうやってキャラクターの頑張っている姿を表現するのか非常に楽しみでした。実際、メンタルを大事とするビームライフルにおいてキャラクター達の自分との戦い、他校選手との精神のぶつかり合いは見ていて面白かったです。それと緊張感。キャラクターたちの緊張感が直接伝わってくるような感覚が本当にたまらない。1話見終えるごとに満足感と少しの疲労を感じる試合シーンが素晴らしい。アニメ中盤から後半にかけて右肩上がりに面白くなっていき、虜になっていました。

試合シーンは申し分ないので他の好きなシーンを語ると、普段は思うように点数の伸びないひかりが本番強さとまぐれで勝ったわけではなく、昔からビームライフルが大好きで一人でも続けてきた努力の成果が本番強さに相乗して普段以上の力を発揮することが分かる第5話の県予選回がめちゃくちゃ好きです。オタクは過去回想に弱い。

からの11話。思わず涙。本当にありがとう、ライフル・イズ・ビューティフル

 

ちなみに僕は姪浜エリカのようなお嬢様だけど立場に甘えず自分に厳しく努力で常に自分を高めているキャラが大好きです。それだけに第10話もとても好きです。

 

全オタク、見なさい。切ったオタクは大損こいてるぞ。

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 宇宙人側の話が重い。なんで敵側に同情させるような設定をつけたんだ…。

香具矢まどかさんが好きすぎる。見た目がドストライクな上に、お嬢様だけど立場(ry

 

 

キラッとプリ☆チャン

第1期から大分伸びました。本当に面白いです。特に虹ノ咲だいあとだいあの関係、あんなとえもの関係が。

 

 そしてクリスマス回。楽しいクリスマス回かと思いきや初っ端から虹ノ咲さんが責められる夢から始まります。桃山が真顔なのが本当に怖い。

この回は、友だちをオーディションで決めるなんて非人道的な行いを、みらいたちに嘘をついてまで執り行い、その事実を見ないふりしていた罪悪感が虹ノ咲さんを追い詰め、ついに精神を壊して奇行に走ってしまうという、女児アニメを疑う恐ろしい回です。前回、萌黄と赤城がようやくジュエルコーデを手にした矢先にこの回。本当に怖い。

他人に向けられた言葉を自分に向けられた刃だと思い込み、情緒不安定に陥って突然お祖母ちゃんの前で泣き崩れてしまう・・・そしてキラ宿のみんなが集まるクリスマスパーティーでジュエルコレクションへの意気込みを語るみらいたちを見た虹ノ咲さんは、大勢の前でジュエルコレクションは素敵なステージじゃない、友だち探しのための嘘のオーディションだと告白してしまう…。真実を告白するほどに追い詰められていた虹ノ咲さんを思うと辛くなります。例え嘘だったとしても、虹ノ咲さんにはそうすることしかできなかったのだから…。

ここでだいやのこのセリフが刺さるんですよね。

f:id:halo_lo:20191230225540j:image

f:id:halo_lo:20191230225554j:image

虹ノ咲さんが本当の友だちを手に入れ、プリチャンアイドルとして「もう半歩」踏み出した時、だいあはどうなるのか………だいあ、消えないで…………。

 

プリチャン2期、本当に面白いです。やっぱアニメは見続けないと何が起こるかわからない。

 

 

月曜

バビロン

僕は安易に今期覇権という言葉を使いたくはないのですが、まだ終わってないので今期覇権とは言いません。でもバビロンは断トツで面白かった。1話の時点で他とは違う異様な雰囲気が漂いあっという間に飲み込まれてしまいました。

オタクに「今期のおすすめは?」と聞かれた時「バビロン」と答えると、少し間をおいて「アナちゃんが~」「エレちゃんが~」と言い始めるのが2回ほどありました。

 

私、能力は平均値でって言ったよね!

なんて言えばいいのか難しいです。面白いと思って見ていたはずなのに、感想が湧いてこない。。。

赤き誓いの友情が深まっていくストーリーは好きなのですが、なんというか。

具体的に何が良かった、何が悪かったが思い浮かびません。

 

兄に付ける薬はない!3

中国からの刺客。1期からずっとハイテンポでおもろい

 

 

火曜

 Z/X Code reunion

 ひなろじ ~from Luck & Logicを見てください

http://hinalogic.com/

 

神田川JET GIRLS

 今期の大穴。最初は競女!!!!!!!!つうかあが混ざったような下品ギャグで女同士の話かと思っていたのですが、あながち間違っていない気がする。ただめちゃくちゃ面白くて大好きです。

波黄凛と蒼井ミサの関係が好きすぎる。いや、マジで凛ちゃん良いキャラなんですよ…これぞ主人公!って感じの天真爛漫元気なキャラで周りを惹きこんでいく姿に嫉妬するミサちゃんをちゃんと一番に想う凛ちゃんがもうもうもうもうもうもうもうもう

ちゃんとジェットレースが熱いのがまた良い。これもまた部活アニメなのですがしっかり練習風景を描いて試合が丁寧で熱い。僕も今度神田川泳いぎに行っちゃいます。

ヘルズキッチンが凛ちゃんのお母さんのお墓参りに小値賀島にやってくる回で泣いてしまった。神田川JET GIRLSで泣くとは思わなかった。凛ちゃんのお母さんに憧れたヘルズキッチンが子供の頃凛ママに貰った言葉で凛ちゃんが解を得るシーンが本当に好きすぎる。まさかここでヘルズキッチンが株を掻っ攫っていくとは思わなかった。まだ神田川JET GIRLS伸びるんだ。

 

EDのRIVALSは今期で一番好きなEDです。イントロがバチクソ好き。

 

ぬるぺた

 第11話で全人類がひっくり返った。

ぬるちゃの私服が性的すぎる……オラもう……うぅ……

 

 

水曜

 本好きの下克上 司書になるためには手段を選んでいられません

1話ではクッッッッッッッッッソつまらんと言っていたのですがいつの間にか面白くなってました。このタイトルで面白くなるんだ。

異世界転生しその世界では確立していない知識を持つマインちゃんがその年齢、病弱さゆえに知識を現実にすることが難しく、人を頼って地道に本を作る過程が俺TUEEEじゃなくて安心します。

 

無事に2期も決まったらしいし司書になるまでが楽しみすぎる

 

慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~

このタイトルで面白くなるんだ

いや本当にマジで面白かった。今期でトップ争いするくらいに面白かった。

放送前はタイトルだけ見て賢者の孫をもっと酷くした内容を想像しクソアニメ民の心が滾っていましたが、蓋を開けてみればギャグは笑えるわしっかりストーリーは組み立ててあるわ最後は泣かせにくるわで最高のアニメーションと化していました。おかしい、こんなはずじゃなかったのに。

特に豊崎愛生さんの演技が輝いていましたよね。

特に作画の崩し方が神がかっていましたよね。

特に話の構成が素晴らしかったですよね。

オタクは過去回想に弱い。

いっっっちばん最後の「そして、ステータスの最後には、こう記されていた」から始まるOPが大好きです。エモい。本当にありがとうございました。

 

俺を好きなのはお前だけかよ

 TLで物議を醸していた迷作。僕は結構好きでマジメに見てました(過去形)。ああいうキャラの思惑がぐっちゃぐちゃに交錯する作品は好きです。まぁ、ジョーロが気持ち悪くないといえば嘘になりますが…。

序盤は面白くなる可能性をプンプン感じて人間関係が目まぐるしく変わっていくのを楽しく見ていましたが、あすなろの話から雲行きが怪しく……無駄なアニオリ水着回(マジでいらん)から最後は悪vs善みたいでワクワクしましたがなんか最終回はOVAだよ!買ってね☆でいつの間にか終わってました。

全てのラブコメを過去にするとはいったいなんだったのか。

ブコメの概念を変えてしまうことで過去の作品をラブコメでなくしてしまう戦法は流石に強すぎる。

はぁ。

 

 

 

変好き見ん?

 

旗揚!けものみち

蟻ちゃんが救い

 

七つの大罪 神々の逆鱗

七つの大罪ももう4クール目。2014年から見ているのもありようやく7人揃った七つの大罪に少年心をくすぐられました。ここまで長かった…。

しかも明かされた団長とエリザベスへの罰が重い。結局団長は昔の想い人にエリザベスを重ねているだけかーなんて思っていてすみませんでした。

バンと喧嘩したシーン、団長はキレはしなかったもののその時心に秘めていた思いを考えると辛くなります。

 

 

木曜

 超人高校生は異世界でも余裕で生き抜くようです!

 ミサイルと並走する侍のシーン今年で一番笑った

 

アズールレーン

 もしかして艦これおもしろかった?

 

アサシンズプライド

久しぶりの石鹸枠だー!!!と興奮していた矢先顔面に剛速球を食らいました。

1話の時点でメリダ=アンジェルの設定が重い。雰囲気も重い。でも映像はキレイで。

は?面白と無意識に呟いていました。

13歳の少女が背負うにはあまりに重い周囲の悪意を信念と実力でねじ伏せるメリダちゃんは間違いなく今期一番の主人公です。

 作画が不安定だったり、クーファ先生が戦うとつまらなくなったり、説明不足で意味不明なシーンなどアニメとして不十分なとこは多いけど。

でもメリダ=アンジェルを彩る過去経験努力信念感情そのすべてに魅せられ感動し面白いと言える作品でした。

 

リタとエリーの関係素晴らしくないですか?

私を守ってくれるお姉ちゃんだったリタが無能才女と周りに蔑まれ自分の方が格上だと自覚してもその真実を認めず認めたくないからリタと直接対決を避けわざと負けようとしてその行為にリタが傷つき怒って戦いの中エリーも不満をぶつけ結果手を抜いていない勝負で衆目の中リタが勝ちこれまでの関係を修復、より強い絆で結ばれた二人をいつまでも見ていたい。

楽しみ方としては歪かもしれませんが、この二人の関係、メリダちゃんの成長を見るために原作を買うか迷ってます。

それだけメリダ=アンジェルというキャラクターは素晴らしかった。

 

放課後さいころ倶楽部

僕が高屋敷綾てゅわんをどれだけ好きかはこの傑作bioを見れば分かると思いますが、

f:id:halo_lo:20191230024719j:image

高屋敷綾てゅわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

好き…好き……高屋敷綾が好きだ……

この止まらない想いを綾に伝えたい…ッ!

フンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフン

届け、俺のラブレター……兵士、綾のカードは姫だね。

ええええ!どうしてわかるのへいろうくん!

そりゃあ…綾がお姫様みたいにキレイだからさ…。

へいろうくん♡

 

 

高屋敷綾が好きでこの作品が毎週の生きがいでしたが、綾への愛を抜きにしても翠ちゃんの夢の話とか良い回が多かった。

ボードゲームの説明が丁寧だったり、スタッフのこの作品に対する愛を感じます。

綾、2期まで待ってるからな!

 

ノーガンズ・ライフ

 ハルモニエくんのウザさを寛容する十三がかっこよかった

 

星合の空

 今期の異色アニメ。いやぁ面白かった。

ソフトテニスに勤しむ彼らは明るく、その背景は暗く。急な落差に目を奪われてしまった。

もともと24話構成の話を12話で切ってしまっているため各々の複雑な家庭環境の話は解決していないのが残念ですが、ていうか12話の終わり方がバケモンすぎて生殺し状態なんですが、続きはまだですか?

ちなみに僕はソフトテニス経験者なので分かるのですがあんなに早く上達することはあり得ません。星合の空見てソフテニ始めるのはやめましょう(余計なお世話)

1年で辞めた。オタクにスポーツは無理。

 

 

金曜

 厨病激発ボーイ

 

食戟のソーマ  神ノ皿

 食戟のソーマももう5期。1期なんて僕が高校生の頃放送していたのに時の流れは速いもの、僕はもうすぐ社会人です。

 ついに遠月十傑のトップたちと戦うアツい展開どころか、エリナ様との決着までつけてしまうなんて盛り上がりが止まりませんでした。11話で第1期のOPが流れたシーンなんてもう…。

基本は料理を食べて脱ぐシーンで笑って見れるので飽きません。あの表現力の数々はどこで学んできたんだよ。エロマンガ家ってすげぇわ。

 

 

ハイスコアガール

 全人類が日高小春に恋した。

最初は作画に辟易していたんですよ。好みじゃなかったし。

でもオタクに推されまくって1期見たらオラもう……小学校からダメダメだけどゲームだけが取り柄の春雄のまっすぐで真摯なゲームに対する気持ちが周りを変えていき、自分を変えていく……でも春雄、もうちょっと日高ちゃんのこと考えてあげてもよかったんじゃないのか……?お前のせいで日高ちゃん、彼氏いない歴=年齢のアラサー中学教師になっちゃったじゃねーかよ!

 

日高小春、こんなに良い負けヒロイン他にいます?春雄と大野さんのラストバトルが準決勝なのは決勝で日高が待っているからとか揶揄された挙句アニメ公式Twitterで日高の出番は残ってますなんて言われたからに「マジで日高決勝で待ってて草www」と追い打ちかけられた後の最終話の素敵な台詞は一体何?

想い想い想い想い想い想い想い想いが爆発した第18話、まともに見ていられませんでした。あれ、俺だったら我慢できなかった。俺じゃそもそも日高ちゃんに好かれないか…はぁ……。

 

何かに全力になるのはカッコいいと改めて教えてくれたアニメでした。よーっし、僕もアニメに全力になるぞー☺

 

炎炎ノ消防隊

 めちゃくちゃ面白かった1話もつかの間、いつの間にか2クール目が終わっていました。

第七の話が一番好きです。

 

歌舞伎町シャーロック

 途中までワケわからん……とか言っていたのが一転、切り裂きジャックが捕まる11話で手のひら返して拍手喝采。オタクは衝撃の展開に弱い。

2クール目どうなっちゃうんだ。楽しみだけど来期はてな☆イリュージョンと被ってるのが残念です。dアニメストアで見ます。

 

真・中華一番!

ギャグアニメ。食戟のソーマで始まり真中華一番で終わる金曜日が好き。

なんもかんも中国規模なんですよね

 すぐ人殺すし毒盛るしもしかして中国って警察いない?

氷包丁(ナニソレ)で手が凍傷するくらい頑張って作った料理に対抗して火傷を負いながら料理するの本当に笑った。

最後は怨念のパワーで包丁区だけ散らせたし。深夜3時にあの超次元料理アニメはズルい。なんもかんもおもろい

 

 

土曜

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

 イシュタルが可愛すぎる。

 昔FGOに課金したお金がこのアニメに使われているのかと思うと課金して良かったなと思います。戦闘シーンすごい

イシュタルが可愛すぎる

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld

僕はアスナが好きです。

4クール目でLiSAがADAMASを超える熱いOPを歌ってくれるのが今から楽しみ。

 

ぼくたちは勉強ができない

好きすぎて原作買いました。本当に武元うるかが可愛い。一人のキャラをこんなに好きになったのは久しぶりでした。

よくあるラブコメのヒロイン属性で分けると幼馴染ポジションではあるものの、決して幼馴染ではない距離感が最高。一番乙女なのも好き。

アニメの方は12話Cパート以外は良かったと思います。

ブコメってヒロイン達がどうやって主人公を好きになり、どういった過程を踏んでより惹かれ、アプローチし、また成長していき、物語のラストで主人公が一人を選ぶ、そんなヒロインズドラマの集合体だと思っているのですが、その過程をぶっ飛ばし卒業させあまつさえ一人のヒロイン匂わせENDというのはあまりに残酷だった。

僕はうるかが好きで勝ってほしいとも思っていますが、あんな終わり方は望んでなかった。彼女たちの大切な努力や想いの詰まった数ヶ月をないがしろにし、勝手に物語を帰結させることを誰が望むのでしょうか。原作のストックだってまだまだある。むしろ、ここから加速していく。それなのに………。

Can now, Can nowを生み出してくれたこと、キャラクターをしっかり可愛く描いてくれたこと、他にもいっぱい好きなところがあるだけに残念です。

2期期待してます。

 

戦×恋

1話見てなにこれトリニティセブン?EDもオシャレだしトリニティセブンだろと笑っていたのもつかの間、アニメ実況民と楽しく誰が推しだとか今日は負けた(勃起の意)とか騒いでいたらラスト2話で突然アツくなって燃やされた。1,2,3とお姉さんキャラたちがカッコいいのズルくないですか?好きになっちゃった。

ブスすぎて1だけ顔に✖のスタンプ押されてるとか言ってすみませんでした。1、かっけェ・・・。これまで出番の少なかった2もかっけェ・・・。最後にメインヒロイン面してきた3最高だよ・・・。

ちなみに僕は三沙が一番好きです。理由は妹達を守る姿がカッコいいのと文化祭回で負けたから。

 

アイカツオンパレード!

まぁファン向きの作品だなーって感じです。過去キャラたちの登場にうおおと毎回横転してますがそれだけです。

アイカツ』って、アイドルを目指し、上を目指し、仲間と切磋琢磨、時に悔しい思いをしても立ち直ってアイカツをひたすら頑張る そんなアイカツが好きだったのですが、今のアイカツって『アイカツ』してるのか「それ、アイカツか?(紫吹蘭)」になってる。まぁオンパレでお金回収して新しいアイカツシリーズが続くことを願っています。

 

 

以上になります。

来期はここら辺を見るのでよろしくお願いします。

2020年もアニメ部張り切っていくぞー!おーーっ!!

f:id:halo_lo:20191230221345p:plain

ホノルルマラソンを走った…?話

アロハ めちゃくちゃハワイアンぶってるへいろうです。現地時間は12/8。君たちより1日若いです、僕は(だから何?)

 

半年前にホノルルマラソン走るよ〜んとか言ってたらいつの間にか終わってました。歳を取ると時間が経つのが早くて困りますね。研究する時間ももうありません。卒業大丈夫?

 

記憶が新しいうちに色々書いていこうと思います。

 

f:id:halo_lo:20191209122744j:image

 

 

 

今回、僕の目標は4時間台でした。

明日からホノルルへ行ってマラソン走るらしい - へいろうのブログ

 

この記事に載せた画像の通り、ハーフマラソンが2時間ジャストくらいで正直体力も足も大丈夫そうだったので、+3時間で4時間台行けるかな〜なんてノリです。因みにこの時は足底腱膜炎という足の裏がバカ痛くなる怪我を負ったらしい。1週間足引きずって生活した。

 

そんで今回ですが、結果から言ってしまうと………………f:id:halo_lo:20191209104404j:image

 

 

 

 

 

時間見切れてて草

 

 

 

7時間59分30秒くらいです。

 

 

 

目標の2倍弱かかってしまうという不甲斐ない結果に終わってしまいました。めちゃくちゃ悔しいです。

 

 

 

以下は言い訳や走りながら何を考えていたのか色々綴ります。

 

 

ホノルルマラソンの開始時間は午前5時でした。臨時バスに乗るため、1:30には起床し朝ごはんや準備をして2:30にホテルを出るなんてオタクには到底不可能な予定。実際、一緒に行った友人達も寝不足で死んでました。海で遊び倒した僕が一番寝れていたらしい。

 

ラソンに対しては僕だけ目標タイムがあり"ガチ"で、友人達は完走できればいいやという感じで意識の差を見せつけゼリーをちゅーちゅー飲んでいたワケでした。結果は最下位なのに。恥ずかしいね。

 

 

スタートしてすぐジャパニーズ・ニンジャのようにスイスイとトロい輩を抜かしていく僕。最初は11km/h(4時間切るペース)で悠々と進んでいた僕でしたが、なんとたった3kmでアクシデントに見舞われます。

 

 

 

「右膝が……いてぇ………」

 

今まで膝の痛みに苦められたことが無かったので、なんとかなるなるはぴなーるの精神で痛みを無視しつつ走るも痛みは酷くなる一方。

ヘルニア☆キラッツの萌黄へいろうf:id:halo_lo:20191209110257j:image

であるところの僕は、処方されたロキソニン(炎症止め)を大量に所持しているので飲むか〜とバッグを漁るも………

 

 

 

"発動"

ホテルに置いてきちゃった(照)

 

 

5km地点で既にまともに走れず、足を引きずりながら走る僕にこの事実は重くのしかかりました。ロキソニンは命に等しいんだぞ……。

 

ホテルに取りに帰れないか調べてみると、なんと8km地点の隣の通りにホテルが。

レースを抜け出して命を取りに帰りました。ルール違反じゃないかって?知りません。

 

無事にロキソニンを手に入れ飲んで数十分。時刻は6:30で9km地点。今から走ればまだ4時間台行ける!と意気込み走りだすと

 

「ミシッ……」

 

目標を諦めた瞬間でした。

 

 

膝の痛みって怖いですね。足の裏が痛かった時は足をつける位置を変えればなんとかなったんですけど、膝だけはどうにもならない。

 

 

残り34km。足を引きずった徒歩で完走(完歩?)を目指します。

 

 

まぁそのあとは凄まじく惨めでした。スイスイ抜かして行ったやつらに抜き返され、歩く爺さんよりも遅いスピードで果てしない道のりをただ歩く。

太陽が出ていないため、走ってた時にかいた汗がとことん冷え体温を奪う。

心は悔しさでいっぱいでした。

 

途中で2倍ロキソニン拳だっっ!と適用量を超えたクスリを服用し限界突破する悪役ぶりをかましましたが痛みは良くならず。アニメと現実は違うんだよ?

無駄な足掻きは本当に無駄に終わってしまった。

 

 

ゴールが見えない道のりも、歩いていれば距離は進むし時間も経っています。いつの間にか日は出て、距離は15kmを超えていました。

思考が鈍っているのでやっと1/4か〜(お前は60km走るつもりなの?)とか思いつつ、諦めた足は割と軽やかでした。痛いけど。

 

f:id:halo_lo:20191209112532j:image

 

 

そして18km地点。ここからが地獄です。

 

18kmから35km地点は一生海岸沿いの道路を走り続けるコースです。日陰なんてほとんどない。ただの耐えゲー。長い。

 

景色だけは良いのが救いでした。もう散歩気分です。8時間の散歩。お爺ちゃんが散歩から帰ってこないと捜索願い出されるレベル。

 

 

ここら辺はずっと同じことを考えていました。ただ悔しいって思いです。

正直、辛さとか苦しさは一切なく、ただ自分の膝のメンテナンス不足を悔いるばかりでした。

 

 

あとはブログの記事を考えてたりとか。古橋文乃が許せない。というタイトルでうるかが好きでうるかに幸せになってほしいのに文乃とかいう圧倒的ヒロインの可愛さに敗北しそうになってる悔しさを書き殴りたいとか、

完結してしまった『やがて神になる』の素晴らしさと『佐伯沙弥香について』を全人類に読んでほしい気持ちとか色々練ってました。帰国したら書くと思います。多分。時間があれば。

 

 

後はゴールのためにただ歩いていただけなので特に書くことはないのですが、

応援してくれるハワイの住人がみんなして「GJ部❗️」「GJ部❗️」とエールを送ってくれるので、GJ部魂を持つ僕としては本当に楽しい街だったり、

金髪幼女とハイタッチした時に感じたクッソやわこい手が最高だったり、

36km地点くらいで腹ペコで食べた若奥様手作りのおむすびが世界で一番美味しかったり、

8時間は切ろうと障害歩きで全力歩行するなどしてなんとか完走…?できました。酷く長い散歩だった……ただいま………。

 

 

長ったらしく書き殴りましたが以上が今回の顛末です。怪我は仕方ないと思いつつ、どうして今日に限って…と悔しさが残るマラソンでした。

悔しいのでまたフルマラソン挑戦します。ホノルルマラソンかは分かりませんが絶対に。

 

 

 

GJ部最高〜❗️

f:id:halo_lo:20191209121636j:image

 

 

 

完歩した後はそのままマックを食いに行きました。これはマックで遭遇したブルースクリーン

f:id:halo_lo:20191209121642j:image

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

ハワイめっちゃ楽しい❗️最高の6泊8日(まだ2泊あるけど)でした。

f:id:halo_lo:20191209122450j:image

 

明日からホノルルへ行ってマラソン走るらしい

こんにちは。研究が本当にヤバいへいろうです。研究がヤバすぎて明日からハワイへ逃げます。教授、すまん!w

 

 

ということで

https://halo-lo.hatenablog.com/entry/2019/05/03/002911

 

だいたい半年前に突如執行が決定されたホノルルマラソンの刑がなんと5日後に迫ってしまいました。飲みの勢いでその場で25000円払い、更に20万の貯金を余儀なくされたのによく貯めたと思います。おかげで僕の財布は常に薄い。大学3年生の時レイ○から借りた10万は未だに返し終わってない。そういえば今日は12月の返済期日でした……帰りにローソン寄らなきゃ………。

 

さて、練習頑張るぞ!と意気込んだ半年前でしたが、ここで僕の練習量を大後悔したいと思います!!!!

 

f:id:halo_lo:20191203171932p:image

f:id:halo_lo:20191203171936p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わった

 

小学3年生で左のキンタマがデカくなった

こんにちは、へいろうです。今回は僕のキンタマの話です。

 

みなさんキンタマはついてますか?ついていない人のために説明すると、キンタマは左右で2つ存在し、温かいと膨らみ、寒いと縮みます。湯船に浸かると風呂に入ったオッサンのようなふてぶてしさでその皮を大に広げます。

 

最近ではこんなツイートが話題になりましたね。

 

 

まぁ、このような常識は僕には通用しないのですが(強キャラ)

むしろ左キンタマの方が温度が低い.

 

 

さて今回のタイトルは突然左のキンタマがデカくなった話ですが、タイトル通り僕は小学3年生の頃突如左キンタマが巨大化し、今現在もデカい左キンタマと共に暮らしています。

 

イラストを描いてきました。気温によりますがこのくらいの差があります。

f:id:halo_lo:20191022210727j:image

 

 

 

季節すら忘れてしまいましたが、まだ性も覚えていない純粋な僕が一人で湯船に浸かっていると、ある違和感に気がつきました。

 

なんか左キンタマだけデカくないか…?

バランスが崩れるほどの重量ではないため日常生活では気がつきませんでしたが、パッと見ただけでも明らかに左右の大きさが違う。

こんなの恐怖しかありません。想像してみてください。昨日まで普通だったキンタマが片方だけデカくなってる異常さを。

 

もう羞恥やらそんなのかなぐり捨ててすぐさま母親に相談しました。父親はあまり家にいなかったので相談相手は母親です。

 

 

数日後病院へ行くと『陰嚢水腫』という病気の診断をされました。

 

『陰嚢水腫』めちゃくちゃ端的に説明するとキンタマに水が溜まる病気です。

本当にそれだけ。痛くも痒くもない。

気になる人は調べてみてください。意外と患っている人はいるらしい。僕とキンタマの大きさで競いませんか?

 

まぁ放っておいても問題はないのですが、小さい頃に手術しておいた方が楽ということでキンタマ縮小手術をすることに。

お腹を切って水を抜いて穴を閉じて手術終了です。全身麻酔で眠りこけていましたが、起きた瞬間めちゃくちゃ痛かった。切腹したので当然です。

 

キンタマを見ると左右の大きさが一緒!手術は無事成功しました。

正常な大きさに戻ったキンタマと共にまともな青年への育っていくへいろうなのでした。めでたしめでたし。

 

 

 

 

って上手く行ってればこんな記事書いてません。たった2週間でまた左キンタマだけ巨大化したのでもう諦めました。

別に異常はないのでただ左キンタマがデカいオタクと化した当時小学3年生の僕。

 

 

誰も僕の左キンタマには勝てない。俺が王だ。

 

とある21歳のオタク遍歴~その2~

この記事は、とあるオタクの平凡な遍歴を淡々と書く物です。過度な期待はしないでください。

あと、読み終わったらお前らもオタク遍歴を書きやがってください(僕が見たいので)

 

 

こんにちは、へいろうです。

 

前回の続きhttps://halo-lo.hatenablog.com/entry/2019/03/19/151749

ということで無事僕は進級し中学生になりました。塾に部活に大忙し!小6でハルヒTo LOVEるを見てオタク沼へまっしぐら……とはならなかった僕が一体何をしていたのかというと、もう誰もやってないモンハン3rdで護石を掘っていたり、一人でGOD EATER BURSTを極めていたりしていました。周りの友達はずっと前に飽きているのに。オタクの特有の自閉症の片鱗を見せつけていく。ちなみにGEB神ゲーです。

 

そして中学2年生になった夏、とうとう僕がアニメの沼へ落ちるきっかけを作ったFが現れます。

 

Fとは小学生からの付き合いで今でも一緒に台湾へ旅行し風俗に行ったり、今度のホノルル旅行では42.195kmを共に走るなど付き合いの長い友達なのですがまぁそれは置いといて。ある日うさぎドロップという作品を勧めてきました。

 

知ってます?うさぎドロップ

独身でだらしのないおじさんが身寄りのない祖父の隠し子(6歳)を引き取り、彼女との共同生活を経ていくうちに互いに成長していくとう心温まる物語です。え?違う?うるさい。僕はアニメの話をしてるんだ。原作なんて知らん。

 

読売新聞の番組表でうさぎドロップの時間帯を確認していると、なんと24:45から。え?こんな時間にアニメやってんの?見てるやついんの?

 

そのまま新聞を眺めていると深夜に放送しているアニメは他にもあるらしい

………ん?"THE IDOLM@STER"?

 

太鼓の達人Wii ドドーンと2代目!をやり込んでいた僕は収録曲の"HELLO!!"や"I Want"が大好きで、まさかそのアイドルマスターのアニメが放送しているなんて!これはもう運命だ!

 

そして僕はTHE IDOLM@STERでアニメにハマりました!

 

とはなりませんでした。

 

 

眠い目を擦りながら見たうさぎドロップは第7話(8話?)だったので話がわからず撃沈。

アイドルマスターに至っては名前も知らない方向音痴の大人の女がウェディングドレスを着ながら街を彷徨う回。なんてつまらないんだ……。

 

第8話のあずささん回ですね。あれは三浦あずさというアイドルを紹介するための話なのですが、何も知らない僕には酷く退屈でした。

 

もしアイマスの次にアニメが放送してなかったら僕はオタクにはなっていなかったでしょう。

 

 

アイマスの次に放送されていたアニメを覚えていますか?

2011年夏にTBSで放送されていた、第5回MF文庫J ライトノベル新人賞〈最優秀賞〉を受賞した作品を。

 

 

 

 

 

 

f:id:halo_lo:20191017153224p:plain

もう、ただの友達じゃ嫌なんだ。

 

まよチキ!です。

その日はまよチキ第8話の放送日でした。

第8話はキャラ達が浴衣をはだけて寝ていたり,時間をずらして温泉に入ったスバルが近次郎と鉢合わせたり,水鉄砲で戦ったり,着物姿のスバルが…など萌えを全面に推した回でした。

f:id:halo_lo:20191017200409j:image

f:id:halo_lo:20191017155335p:plain

f:id:halo_lo:20191017155347p:plain

今見ても萌え萌えすぎる


1話~7話の内容は一切知らないのに8話の近衛スバルの可愛さで僕は初めて”萌え”という感情を知り、もはや「欲」にまで肉薄するその感情に抗うことは敵わず、その日の夜は興奮してあまり眠れなかったことを覚えています。

 

 

そして次の日には性を知った少年のごとくまよチキについて調べ、1話から7話まで視聴し、ついでにアイドルマスターも見ていました。新しい世界を知るのはめちゃくちゃ楽しい。

 

 

さて、

約1ヶ月の時が過ぎ、とある事件が起きます。

 

 

 

 

 

 

まよチキが13話で最終回を迎えた。

 

 

 

え…?たった13話で終わり?朝や夕方に放送しているアニメは1年や2年も放送しているじゃないか。アイドルマスターはまだ続いてるじゃないか。なんで?

まさかたった13話で終わるアニメがあるなんて。当時の僕にはあまりにも衝撃的でした。 

 

あの日は悔しさに泣きながら布団を叩いていたことを思い出します。あの日ほど泣いた日はありません。サッカーの大会で負けた時より辛かった(ベンチだったため)

泣き疲れた後は世界の理不尽さ、自分の無力さに倒れ、魂が抜けそのまま眠りに就きました。

本当に辛かったし、思い出すと今でも泣きそうになります。

一夜明けても魂が抜けたまま学校で寝ていました。

 

 

それから数日後、心の穴を埋めるようにとある魔術の禁書目録を見て,けいおん!を見て……心の穴が埋まった頃にはもうアニメの世界にどっぷり浸かっていました。

 

Fがうさぎドロップを勧めてきて、たまたまアイマスの名前を知っていた僕が深夜アニメに興味を持ち、まよチキによって堕ちる。

この条件がたまたま揃ってオタクになったと思うと運命というのはやっぱり面白いですね。

 

 

以上が僕がオタクになった経緯です。

アニメが面白かった!とかそういう理由ではなく、”萌え”に惹かれたオタクの話、今回はここまでにしときます。

 

 

余談ですが、別にFはオタクではなく、たまたま知っていたうさぎドロップを僕に勧めたところ僕がオタクになって禁書にハマり、その影響でFも禁書にハマりオタクになったそうです。お互いが足を引っ張りあってる。なんなんだ。

 

 

気が向けば続き書くかも